不定期刊行Web短歌誌。「詠う前から届かないこと考えるバカいるかよ!」


by tankatan9
a0233179_11245172.jpg

平成23年落選展(短歌研究新人賞)

(50音順)

稲泉真紀 「透明標本」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

岡本雅哉 「スロースターター」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

鯨井可菜子 「イエローハウス」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

五嶋双良 「仏葬な世界に於ける噂の神葬」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

たえなかすず 「止まない雫」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

田中ましろ 「翠雨降る」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

中森つん 「セリフの多い料理店」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

フラワーしげる 「ブラックテキスト」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

星川郁乃 「春の雨」** イメージ(縦書) テキスト(横書

藻上旅人 「S君のこと~BLがまだなかった頃に」** イメージ(縦書) テキスト(横書)

杜崎アオ 「たまごのおんど」** イメージ(縦書) テキスト(横書)

龍翔 「ピアスホール」* イメージ(縦書) テキスト(横書)

* 短歌研究新人賞予選通過
** 短歌研究新人賞佳作

出展者プロフィール一覧

本企画開催の趣旨について
(→こちら

企画開催に寄せて、歌人・石川美南さんよりメールをいただきました。
いただいたメールの全文と編集部からのお返事を掲載しております。
(→こちら

本家、『週間俳句 Haiku Weekly』さんで、ご紹介いただきました。ありがとうございました!
現在「落選展2011」、50句作品募集中!
(→こちら


それぞれの作品へのご意見、ご感想は、
テキスト(横書)ページのコメント欄にお願いします。

コメントの方法

その他のご意見、ご質問等ございましたら、
この記事コメント欄にお願いします。
[PR]
# by tankatan9 | 2011-09-05 00:11 | 落選展

コメントの方法

コメントの方法

読者のご意見、ご感想あっての「落選展」です。
忌憚のないコメントをぜひともよろしくお願いいたします。

a0233179_20344695.gif

・コメントは、各作品のテキスト(横書)ページにお願いします。右下にある comment(数字) の上をクリックしてください。


・記事の左下に四角いボックスが開きますので、そこに書き込んで下さい。長文になる場合は、あらかじめワードやメモ帳などに保存しておき、テキストをコピー&ペーストするとまちがえて消えてしまうこともなく安心です。

・コメントを公開せず、編集部だけに伝えたい場合は、“非公開コメント”にチェック☑を入れてください。非公開コメントは、書き込んだ本人は見られます。

・コメントを確認するページが表示されます。

●名前:よろしければお名前をお知らせください。
●パスワード:自分でパスワードを設定し、入力します。このパスワードを使って、あとで自分のコメントを削除することもできます。
●URL:自分のホームページ、ブログのURLを入力します。

・すべての入力が終わりましたら「送信」をクリックしてください。

・いただいたコメントはこのブログの右上、「最新の記事」の下のらんに新しいものから順に表示されます。

※コメントが表示されない等の不具合がございましたら、お手数ですが編集部宛にメールでご連絡ください。
メールアドレス: tankatan9@gmail.com ←@は半角にしてください
[PR]
# by tankatan9 | 2011-09-04 23:58 | 落選展
(50音順)

稲泉真紀(いないずみ・まき)

岡本雅哉(おかもと・まさや)
2005年「枡野浩一のかんたん短歌blog」投稿をきっかけに作歌を始める。
東京都在住。無所属。
Twitter: @masayaokamoto
Blog: 「なまじっか…」

鯨井可菜子(くじらい・かなこ)
「かばん」「星座」所属。歌歴2年。福岡県在住。納豆が好き。
Twitter: @kujirai_kanako

五嶋双良(ごとう・そうら)
【所属】劇団☆MMP(主宰)
Blog: 「Meet My People」

たえなかすず(たえなか・すず)
頭のなかは永遠の少女。
締め切りの日の朝まで書いていたeveryday、遅刻常習者。
おかげでろくに推敲もせず提出。
そのくせ授与式になに着ていこう♪やっぱカクテルドレスかしら♪
とワクワクしていたくらいに妄想が激しい毎日を送っています。
Twitter: @suzusuzu2009

田中ましろ(たなか・ましろ)
コピーライター、CMプランナー。短歌フリーペーパー「うたらば」企画・制作。
Twitter: @tnkmsr
HP: 「うたらば」
Blog: 「ましたん」

中森つん(なかもり・つん)
心療内科に通いつつ2009年から作歌を開始。
翌年より、結社「未来」の「彗星集」所属。
尊敬する歌人は笹井宏之さん。
Twitter: @nakamoritsun
Blog:「猫になる日の詠(うた)」

フラワーしげる(ふらわー・しげる)
56歳 バンドマン 趣味スペイン語
HP: 「タンカラクティヴ」

星川郁乃(ほしかわ・いくの)
富山県在住。結社『弦』所属。
短歌研究誌では「会社員」となっていましたが間違いです。
(主婦ともいいますが)無職です。
Twitter: @ikecyan
HP: 「星の歌」

藻上旅人(もがみ・たびひと)
2008年よりネット投稿を始める。題詠blog、twitter、mixi、で作品を投稿。自身のブログ「創作のおと」に作品を置く。ネットハンドル: alexmonday58
Twitter: @alexmonday58
Blog: 「創作のおと」

杜崎アオ(もりさき・あお)
ツイッターで短歌しています。題詠blog2011参加中です。とにかくもうめんどくさがり。
Twitter: @morisaki_ao
Blog: 揚巻の「題詠blog」

龍翔(りゅうしょう)
奈良県在住。年齢不詳。性別不詳。結社所属なし。
「夜はぷちぷちケータイ短歌」、「NHK短歌」、「うたらば」などに投稿中。
Twitter: @ryusho0510
Blog: 「The Flying Dragon」
[PR]
# by tankatan9 | 2011-09-04 23:56 | 落選展
「ピアスホール」 龍翔


無意識に舌を噛んでる癖があることに気付いた満員電車

スカート丈を測る暇ならあるらしい 授業が下手な生物教師

教室という名のリングに上がるときいつも一瞬呼吸が止まる

動脈は赤で描きます、静脈は青で描きます(緑じゃなくて?)

肺胞と聞いてハイホーハイホーと歌い始めるバカ男子たち

シンデレラになれないことは分かってる だってカボチャもネズミも嫌い

絶対にガラスの靴は脱げてない。脱いだんでしょう?そうなんでしょう?

将来の夢は何かと聞かれたら「幸せになりたい」と答える

黒蟻をたくさん踏めば雨になると聞いて、信じて、踏み続けてた

可哀想と今にも言い出しそうな眼で真昼の月を見ていたあの子

「おじさんはきっと線路が好きすぎて飛び込んだの」とあの子は言った

シャープペンシル、消しゴム、定規 筆箱の中には凶器ばかりある

カレシって響きはピンと来ないから私は君を***って呼ぶ

好きだとか恥ずかしげもなく言う君に今捧げたいドロップキック

室内にぴちゃぴちゃ響く雨音はきっと私のものなのだろう

「良かったら声出して」って言われた(良くないから声出してないのに)

教室の床は痛いし冷たいし いつまで君は腰を振るのか

トーストにバターといちごジャムを塗る 君とのアレを思い出してる

甘ったるいピーチフレーバーのリップ 初めて塗った もう塗り飽きた

教室に獣の匂いが満ちている 発情してる獣の匂い

どろどろとあたしの中で溜まってく怒りがきっと生理に変わる

バックルの取れてるミュール 夏なんて二度と来なけりゃいいと思った

絶対に死ねるわけない(だって今日綺麗なパンツ穿いてないもん)

いつだってリストバンドを外さないあの子の代わりに泣いてあげたい

あまりにもきれいなマーマレード色していた夕日が悪いの 全部

好きだってもっと言ってよ 好きだってもっと言ってよ 洗脳してよ

開けても開けても開けてもすぐ塞がるピアスホールみたいになりたい

思い切り点字ブロック踏み付けてあの子に逢いに行ってあげたい

「済みません。お願いがあるんですけど、かかと落としをさせて下さい。」

「そうですか。かかと落としがお嫌なら、回し蹴りでもいいんですけど。」




ご意見、ご感想等は本記事のコメント欄にお願いします。
[PR]
# by tankatan9 | 2011-09-04 23:54 | 落選展
「たまごのおんど」 杜崎アオ


はじまりは終わりの始まりはるばるとゴールへはこぶ玉ころがして

ふるさとの砂のにおいがきらいなのシャム猫おもったよりも撫で肩

訪れて海へかえってゆくひとみ鋏のように泣くひとがいる

きのうまで生まれかわりを信じてた進化できないトカゲのしっぽ

ほしくないものをわざわざ手に入れて空はますます青ざめてゆく

いいこには鳩をあげるよ笛吹きが門のあかない洋館のまえ

今日はもう明日にひきずり落とされていやだいやだと歪む夕日は

眠れない水銀灯はいつだってここにないものばかり欲しがる

フロントに(ゆき)(ゆき)おりてほどけちる天使の屍(かばね) うまれたかった

ダスターに入りきらない天国が主張しているちいさな凹み

まざらないひとりとひとりまぜるときかなしい虹はどこからくるの

とてもまるい声が聞こえたあらかじめ知ってて地雷をふんだ岸から

実線の角という角なくしたい去年の風船なおもふくらむ

身をまもる殻のたくさんあるうちは見えません そのなかの空洞

あたらしい朝だ希望と絶望はおなじ顔して地下鉄にいる

雨の日はあかるい非常階段をのぼってゆくよ瀕死のひとが

素のままのあなたではないものにする貝輪をひとつ腕くぐらせて

うつらない鏡とさとうコンパスと辞書、あとなにを入れたら動く

その上に乗っているからマンホール開かずのふたが沸騰します

かごめかごめかさかさかわく水槽のたまごは世間話がこわい

さみしさにおなかいっぱい満たされてテレビの人に返事をしてる

夜に吹くクラリネットはしめっぽいサーカス団のねむる草地に

海綿はかわきくずれてしまうから色紙に「がんばれ」なんて書けない

ねえさんは生けられて死に帰りかたを忘れてしまったのばら、のばらよ

いちにちの輪郭をよくわからずに観覧車まわしているぼくです

いさぎよく壊れるゆめをみていたい(こわれるものはこわされていい)

ねえロビン、スイッチひとつで消える世にヒーローなんていらないんだよ

「その宛てどころには尋ねあたりません」無言電話にやさしくかえす

くちぶえを押し花にして百年後おもいだすまでが遠足です

からまってとくにとけない結び目を約束の地にしようとおもう




ご意見、ご感想等は本記事のコメント欄にお願いします。
[PR]
# by tankatan9 | 2011-09-04 23:53 | 落選展